砂糖傳 増尾商店本店

安政5年から「砂糖傳」として160年近く砂糖の商いをしてきた増尾商店。古い町屋の中には、かわいい砂糖菓子がたくさん並んでいる。小さな壷に入った看板商品の「御門米飴」は、防腐剤、漂白剤などを一切含まない健康食品。ほか、さまざまな味の金平糖もパッケージがキュート。お土産に喜ばれること間違いなし。

菊屋 奈良三条通り店

創業天正13年、400年も続く奈良の老舗菓子司。名物は、豊臣秀吉公に命名いただいたという「御城之口餅」。大納言小豆をやわらかい餅米で包み、きな粉をまぶした一口サイズのお菓子で口でほどけるやさしさが特徴。三条通店では、喫茶もあり、大和茶と一緒にいただける。

春日庵

さつまいもを形取った「さつま焼」という愛らしい焼き菓子を販売。明治30年から続く老舗菓子司だ。北海道産小豆をあっさりめに炊いたこしあんを、卵と小麦粉で練った皮でくるみ、竹串をさして一本ずつ丁寧に焼いたもの。1個からでも買える。2階和室に焼きたてをいただける喫茶室があるが、車いすでの入室は難しい。

TOP