奈良町資料館

元興寺の門前町として栄えた、ならまち。昔からの貴重lな資料をたくさん展示する私設資料館だ。懐かしい看板や生活道具などが風情のある町屋の中に展示されている。また、江戸時代に広がった庚申信仰を伝える「庚申さん」のお守り、身代わり申がここにはいっぱい。ならまちにぶらさがっているお守りが、ここで買える。

御霊神社

ならまちの中心にあるパワースポット。朱色の鳥居が目印御霊神社境内に鎮まる出世稲荷神社豊臣秀吉創立のお社と伝えられ、出世街道をひた走った秀吉のご利益に授かることができる縁結びの神様 ちょっと珍しい家族守、お父さん守、お母さん守、こども守がある

元興寺

ならまちにある、世界遺産元興寺。日本最初の本格的伽藍である「飛鳥寺」が平城遷都に伴って、官大寺に性格を変え、新築移転されたお寺で、2018年創建1300年を迎える。境内は砂利道で少し大変だが、車椅子でくるりと回れる。休憩所の奥の茶室では、抹茶もいただける(有料、休日のみ)

奈良春日野国際フォーラム甍

奈良公園浮雲遠地の正面にある。世界一大きな屋根(ビッグルーフ)が目印の国際会議場。1階に能楽ホール。2階にレセプションホールがあり、1階はガラス張りの向こうに青々とした美しい庭が広がる。館内には多目的トイレもあり、のんびりできる。イタリアンレストラン併設。

浮見堂周辺 荒池園地

浮見堂は、奈良公園内の鷺池に浮かぶ檜皮葺き(ひわだぶき)、八角堂形式(六角形)のお堂。鷺池とお堂の中まで車いすでも行くことができる。また、周辺には荒池園地があり、こちらも車いすで回れるように整備されている。公園は静かで鹿もたわむれ、春の桜や秋の紅葉など、四季折々の景色が美しい。

0742-22-0375(奈良公園事務所)0742-22-0375(奈良公園事務所)

春日大社神苑萬葉植物園

万葉集に詠まれた植物を植栽する国内最古の萬葉植物園として開園。四季折々の植物が鑑賞できる。
20品種約200本もの藤が植栽されており、目の高さで鑑賞できる花は、4月末頃から5月上旬頃に盛りを迎える。

春日大社(世界遺産)

2018年、創建1250年を迎えた「春日大社」。第一殿から第4殿まで4柱の神様が祀られている。第一殿の「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」様が鹿島から鹿に乗って来られたとされ、奈良公園の鹿は神鹿として天然記念物にも指定されている。境内参道は砂利道だが、駐車場から御祈祷所の前を通る道には、車椅子で通れるスロープがある。だが本殿までは難しい。

奈良市なら工藝館

奈良の伝統工芸品がゆったりと展示されており、車いすで館内すべて回れる。工芸品の販売もあり。

奈良市杉岡華邨書道美術館

文化功労者で、2000年秋に文化勲章を受章された杉岡華邨氏の功績を称え、氏の寄贈作品を展示。館内は広く、車いすでもゆっくり回れる。

奈良町にぎわいの家

ならまちの暮らしと文化に出会える場所。町屋のよさを味わうことができる。同建物は、国の登録有形文化財に登録された。みそづくりやかまど体験、にぎわい歩きなど、日本の四季折々の文化を楽しめる様々なイベントを開催している。

0742-20-19170742-20-1917

TOP