TABI-JI

地下足袋がおしゃれな靴に変身。布や革製など様々な種類が並んで楽しい。実際に履くととても歩きやすいと、おしゃれな若者や外国人に人気。地下足袋用のポップなソックスも豊富にある。

山崎屋 本店

伝統の技術で職人が厳選した、瓜・胡瓜・西瓜等の素材を、酒粕と味醂粕で幾層も漬け替えた山崎屋の奈良漬を是非ご賞味ください。

0742-22-80390742-22-8039

三楽洞 本店

猿沢池の西側にあるお土産屋さん。品数も多く店内も広いのでゆっくりとお買い物が出来る。外国人に人気のある和風小物も数多く取り揃えてる。

萬勝堂

1890年明治23年に創業。奈良の伝統と歴史を大切に地元でも人気の和菓子屋。
店前ではみたらし団子を焼き出来立てのみたらし団子が食べれる。
館内でもテーブル席があり夏にはかき氷が食べれる。

砂糖傳 増尾商店本店

安政5年から「砂糖傳」として160年近く砂糖の商いをしてきた増尾商店。古い町屋の中には、かわいい砂糖菓子がたくさん並んでいる。小さな壷に入った看板商品の「御門米飴」は、防腐剤、漂白剤などを一切含まない健康食品。ほか、さまざまな味の金平糖もパッケージがキュート。お土産に喜ばれること間違いなし。

吉田蚊帳

奈良特産の蚊帳生地を使い色とりどりのふきん、ストール、のれんなどが販売されている。店内も車いすで品定めできるスペースはあり、商品も見やすく置かれている。蚊帳の展示もあり。

菊屋 奈良三条通り店

創業天正13年、400年も続く奈良の老舗菓子司。名物は、豊臣秀吉公に命名いただいたという「御城之口餅」。大納言小豆をやわらかい餅米で包み、きな粉をまぶした一口サイズのお菓子で口でほどけるやさしさが特徴。三条通店では、喫茶もあり、大和茶と一緒にいただける。

なら和み館 あをがきレストラン

駐車場完備のお土産店。奈良の銘菓や地酒、雑貨や小物から、外国人向けの着物、Tシャツなどグッズが約3000品目も。レストランも併設しており、食事やスイーツが楽しめる。車いす利用はちょっと狭いが、十分買い物はできる。

0742-21-75300742-21-7530

あしびの郷

江戸時代から続く奈良漬の老舗「あしびや本舗」が営む。ならまちの通りから一歩入ると、森の中にいるような静寂に包まれる。レストランやショップに連なる奥は、結婚式場になっており、一日一組限定の貸切ウエディング。緑に囲まれた、心地よい空間だ。車いすでもOK。

春日大社(世界遺産)

2018年、創建1250年を迎えた「春日大社」。第一殿から第4殿まで4柱の神様が祀られている。第一殿の「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」様が鹿島から鹿に乗って来られたとされ、奈良公園の鹿は神鹿として天然記念物にも指定されている。境内参道は砂利道だが、駐車場から御祈祷所の前を通る道には、車椅子で通れるスロープがある。だが本殿までは難しい。

TOP