奈良ホテル メインダイニングルーム「三笠」

奈良ホテル内にある正統派フレンチを、1909年創業当時より愛されてきた、重厚華麗な空間が広がるメインダイニングルームでいただく。調度品一つひとつから歴史を感じる。ソムリエによるワインセレクトも楽しい。朝食の茶粥を目当てにくる地元ファンもいる。

奈良ホテル 日本料理「花菊」

奈良ホテル新館にある「花菊」は眺望抜群。ガラス張りの窓から、奈良市内を一望できる。テーブルといすで車いすでもゆったり食事可能。食事は、新鮮な旬の素材を用いた、四季折々の味覚が楽しめる。半個室6席あり。

奈良ホテル THE BAR

奈良ホテル内にあるBAR。カウンターとソファ席があり、壁には創業当時の明治のガラスが並び、クラシックな雰囲気の中、ゆったりとお酒が飲める。バーテンダーの宮崎さんは、世界カクテルコンテスト3位保持者。ほか、ソムリエが充実。昼は喫茶としても利用可。シガーも充実。

ホテル日航奈良 鉄板焼「銀杏」

駐車場よりエレベータでホテル3Fまで車いすでも雨に濡れずに行ける。カウンター席でそのまま車いすで利用できる。目の前で焼いてくれるので料理人と会話しながら料理を楽しめる。料金は高めだが、お肉が美味しいなど、満足度は高い。

ホテル日航奈良 中国料理「珠江」

広東料理をベースにした本格中国料理。気軽なランチセットからコース料理までさまざま。駐車場よりエレベータでホテル3Fまで車いすでも雨に濡れずに行ける。入口はセリーナと同じでフロアが分かれている。フロアには段差が無く車いすでも利用しやすい。

鹿の舟 囀(さえずり)

ならまちの南に位置する新しいスポット。奈良町南観光案内所の隣にあり、「くるみの木」石村由起子さんがプロデュース。南に大きく開け放たれた窓がすがすがしいカフェ。フローリングの床に木のテーブルといすが並び、暖炉もあって、ほっとできる空間だ。

鹿の舟 竈(かまど)

ならまちの南にある新しいスポット。「くるみの木」の石村由起子さんプロデュースで、ゆったりした世界観にファンが多い。文字通りかまどに薪をくべだされる炊き立てのご飯は最高。野菜の煮浸しや田楽jなど体にやさしいメニューに顔もほころぶ。

黒川本家 東大寺店(奈良公園「夢風ひろば」内)

創業1615年、吉野本葛の老舗。葛のスイーツや奈良の素材をいかした料理がある。

ホテル日航奈良 ロビーラウンジ「ファウンテン」

駐車場よりエレベータでホテル3Fまで車いすでも雨に濡れずに行ける。開放感のあるラウンジ、テーブルは少し低めだが、車いすの利用者も多い。ゆっくりとくつろげるデザートと一緒にティータイムが出来る。軽食も取れ、夜はお酒やカクテルを提供。

日本料理「おばな」

和風の空間にモダンなテイストを取り入れた大人の雰囲気が漂う店内。雅趣あふれる本格京会席が美食家に好評だ。店内は段差もなくすっきり。個室を利用すれば、人目を気にせず食事を楽しめる。

TOP