鹿の舟 囀(さえずり)

ならまちの南に位置する新しいスポット。奈良町南観光案内所の隣にあり、「くるみの木」石村由起子さんがプロデュース。南に大きく開け放たれた窓がすがすがしいカフェ。フローリングの床に木のテーブルといすが並び、暖炉もあって、ほっとできる空間だ。

ホテル日航奈良 ロビーラウンジ「ファウンテン」

駐車場よりエレベータでホテル3Fまで車いすでも雨に濡れずに行ける。開放感のあるラウンジ、テーブルは少し低めだが、車いすの利用者も多い。ゆっくりとくつろげるデザートと一緒にティータイムが出来る。軽食も取れ、夜はお酒やカクテルを提供。

奈良ホテル ティーラウンジ

クラシックホテル・奈良ホテル内にあるBARの奥に位置するティーラウンジ。こじんまりしているが、ガラス張りで、庭園の緑が見渡せ、ゆったりと過ごせる。若干通路が狭いので、車いすで奥まで行くのは困難かもしれない。紅茶はドイツの高級老舗ブランド「ロンネフェルト社」の紅茶やハーブティーが、スリーピングポットでいただける。ケーキセットが人気。

春日大社(世界遺産)

2018年、創建1250年を迎えた「春日大社」。第一殿から第4殿まで4柱の神様が祀られている。第一殿の「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」様が鹿島から鹿に乗って来られたとされ、奈良公園の鹿は神鹿として天然記念物にも指定されている。境内参道は砂利道だが、駐車場から御祈祷所の前を通る道には、車椅子で通れるスロープがある。だが本殿までは難しい。

ホテル日航奈良

JR奈良駅西口からホテルに直結。ホテル内ロビー及びすべてのレストランを車イスで利用できる。ホテル内はUDルームもあり、スタッフのおもてなし度は高い。レストランセリーナでは、アレルギーなど多様な食事のオーダーにも相談に乗ってもらえる。大浴場やカラオケ、エステサロンもあって、家族皆で楽しめるのがうれしい。

奈良ホテル

明治42年に関西の迎賓館として創業のクラシックホテル。100年の間に、皇族をはじめアインシュタイン、ヘレン・ケラー、オードリーヘプバーンなど、多くの賓客が宿泊していて、一度は泊まりたい上質の空間だ。
新館からスロープで入れて、館内は車椅子走行やレストラン利用も可能だが、車椅子での宿泊は、エレベーターのある新館がベター。全室が中庭に面している。

TOP